大分のリフォーム・増改築、塗装、防水、エクステリア・外構、耐震補強工事……自然素材を生かした空間づくり

有限会社 北斗建装

自然を生かした空間づくり  

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

大分市三ヶ田町 N様邸 バルコニー防水工事

2017年施工
施工前 施工後
施工前
大分 防水

 にじが丘ショールームにN様よりご自宅のバルコニー防水についてのご相談をいただきました。後日、プランナーの都と松木で現地調査にお伺いしました。
 お話をお伺いすると、N様はご一緒に住まわれている娘様ご夫婦のために今後安心して住めるようにしっかりとした防水工事をご希望されていました。
 現地調査したところ、N様のご自宅のバルコニーの現状はシート防水でした。シート防水とは、複数枚のシートを接合し防水層とする工法ですが、接合部から浸水しやすいという致命的な欠点があります。一度シートの下に雨水が入り込んでしまうと、厚いシートの下は陽があたらない上に風も吹き抜けない為、浸入した雨水は乾きにくく、水はずっと滞留し続けます。その為、下地であるコンクリートは常に湿った状態となり、下地やシートの接着面を傷め続けることになります。その結果、下地の劣化や接着面の劣化によるシートの剥がれ等を引き起こし、むしろシートが無い方が良いような状態に陥ってしまうのです。継ぎ目の有無は防水工事において、防水性能、耐用年数などに直結する大きな要素と言えます。

 N様のご自宅バルコニーのシート防水は広い範囲で雨水が入り込んでおり防水面を押さえたり踏んだりすると雨水が入っている事が確認でき、また何箇所かシートが剥げていました。

施工前
施工前 施工前
施工前 施工前

 ご提案させていただいた防水工事は現状のシートをすべて剥ぎ取り、下地を補修した後に、塗膜防水(6工程)を施工する工法です。塗膜防水は、シート防水のような継ぎ目がなく、複雑な形状にも対応できる上に、耐用年数も長く、その後のメンテナンスもしやすい施工方法です。

施工中
施工中 施工中
施工中

 雨天の影響もありましたが、2週間ほどで完工することができました。N様ありがとうございました。


◆担当プランナー◆松木

◆担当工務◆佐藤
松木 佐藤

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

 トップページへ戻る前へ戻る