大分のリフォーム・増改築、塗装、防水、エクステリア・外構、耐震補強工事……自然素材を生かした空間づくり

有限会社 北斗建装

自然を生かした空間づくり  

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

大分市 N社様 屋上・バルコニー防水工事

2017年施工

 以前、ビル内のリフォーム工事をご発注いただいたN社様から、最上階の部屋の天井から雨漏りしているとご連絡をいただきました。
 早速、塗装部部長の篠田とプランナーの三重野が現地調査にお伺いしました。

 雨漏りしている部屋は最上階にある機器類の保管部屋であり、たくさんの大切な機器などが管理されておりました。今回はたまたま雨漏りによる機器への被害はありませんでしたが、被害が生じた場合、業務に支障をきたすことは言うまでもありません。今後安心して業務を継続していくためにも早急な防水工事が必要でした。

現地調査
施工前 施工前  雨漏りの原因の可能性として最も考えられる屋上防水の現状を調査致しました。
 表面にシートが貼られていましたが、シートの継ぎ目の接着が剥がれており、シート内に雨水がタプタプと入っていました。
施工前 施工前 ←シートの膨らみを足で踏むと雨水が飛び出してきました

 防水工事が完了するまでは機器類に被害が及ばないよう、取り急ぎ、シートや板等で雨よけを作るなどの室内対策をN社様にご提案致しました。
 ビルのメンテナンスにおいて、本来は屋上の防水だけでなく、外壁の塗装も併せて行うことが望ましいです。しかしながら、ご相談をいただいた時点で、N社様の建物全体に足場を組むことができない状況でした。
 ご相談の結果、今回は外壁の塗装は見送ることとし、雨漏りの可能性が最も高いと考えられる屋上の防水工事のみをお見積もりすることとなりました。後日、お見積書のご提示と、工事内容の詳細説明をさせていただき、工事の発注をいただきました。

◆屋上防水工事

施工前
施工前 ←一部のシートを剥がすと、中に水が溜まっておりました。
→シートの下にはアスファルト防水が施されておりました。 施工前
施工前 ←最上階の天井にはこのような雨漏りの跡が多数見られました。数年前から雨漏りしていたことがわかります。

 アスファルト防水とは、合成繊維不織布にアスファルトを浸み込ませたシート状のルーフィングを2層以上貼り重ねて形成する防水工法です。写真で見ても4層以上貼り重ねられ、厚みがあることがお分かりいただけるかと思います。世間一般では、数ある防水工法の中でも防水性が高い工法だと言われています。しかしながら、表面のシートが劣化すれば、シートの下に雨水が浸入し、アスファル防水は常時水浸し状態となります。いくら複数層のルーフィングによるものだとしても、ルーフィング間の貼り合わせ部分や継ぎ目が経年によって劣化してしまえば、アスファルト防水が機能しなくなることは容易に想像できます。当社ではこのような防水工事が適切とは決して考えておりません。
 工事は、次のような流れで実施致しました。

施工中(1)
施工中 施工中

▲表面のシートとアスファルト防水を剥がす作業を行いました。非常に労力を要し、複数人で1週間程度かかりました。

施工中(2)
施工中 施工中

施工中

▲表面化されたコンクリートを見ると、アスファルト防水撤去でコンクリートも剥がれ、陥没した部分と、経年劣化によるひび割れがたくさん見受けられました。そこで、陥没部分とひび割れ部分を補修し、下地を調整致しました。
施工中(3)
施工中  適切な数の脱気筒を取り付けました。※脱気筒とは、屋上の防水層と下地コンクリートの間に発生した水蒸気を排気するための筒のことです。水蒸気で塗膜が膨らむことによる後述の塗膜防水の劣化を防ぐことが目的です。

 上記の作業により下地処理が完了したうえで塗膜防水を施しました。塗膜防水は、下地コンクリートの上に複数層の塗膜を作る工法です。一般的なシート防水等と違って継ぎ目が生じません。そのため、シート防水のようにシートの継ぎ目が劣化しシートが剥がれ、常時コンクリートが水浸しになるということもありません。
 今回は、コンクリートの上に施工することから、6層からなる塗膜防水を施工致しました。この工法は、3層目で専用の布を挟みます。例えコンクリートにひび割れが生じても、防水膜がひび割れるのを布が防ぐので、信頼性の高い防水工法です。また、万が一塗膜にひび割れが生じても、簡単に補修が可能というのも大きな特徴です。

施工中   施工中   施工中
施工中 施工中 施工中
施工後
施工後 施工後
施工後

◆バルコニー防水工事

 屋上の他にバルコニーがありましたので、屋上と同様に塗膜防水を施工しました。

施工前   施工後
施工前 施工後

 手摺り・点検口の塗装
  @錆を落とし → A錆止めの塗装 → B金属用上塗りの塗装

施工前
施工前 施工前
施工後
施工後 施工後
 工事後、同年に大分県内に甚大な被害をもたらした台風18号を経験しても、雨漏りは一切生じませんでした。

◆担当プランナー◆三重野

◆担当工務◆篠田
三重野 篠田
  2級建築士
宅地建物取引士
1級建築塗装技能士

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

 トップページへ戻る前へ戻る