自然を生かした空間づくり
有限会社 北斗建装

 臼杵市 Tホテル様 屋上防水工事

2014年施工

施工前 施工後
施工前
施工前

 Tホテルの社長のI様から屋上防水の見積もり依頼をいただきました。早速、当社代表の小原とプランナーの三重野で現地調査に伺いました。

施工前
施工前 施工前 施工前

 Tホテルの屋上は新築時に施工したシート防水のままであり、傷みが激しく、防水性がほぼなくなっている状態でした。 劣化して破損したシートをコーキングやテープにより応急処置していましたが、それらは短期間に劣化し、根本的な対処にはなっていませんでした。
  シート防水とは、複数枚のシートを接合する工法ですが、接合部から浸水しやすいという大きな欠点があります。一度シートの下に雨水が入り込んでしまうと、シートの下は陽があたらない為に、侵入した雨水が乾きにくく、下地やシートの接着面を傷め続けることになります。厚いシートの下は陽も当たらなければ風も吹き抜けませんので、水はずっと滞留し、下地であるコンクリートは常に湿った状態となります。結果、下地の劣化や接着面の劣化によるシートの剥がれ等を引き起こします。継ぎ目の有無は防水工事において、防水性能、耐用年数などに直結する大きな要素と言えます。
 乱暴な言い方かもしれませんが、シート防水という工事は、ベランダや屋上と言った平面で水の溜まり易い場所に、少し強いというだけの布を載せているのと同義で、後の劣化を考えれば、当社としてはおすすめしたくない工法です。当社では、継ぎ目が生じない塗膜防水という防水方法を採用します。

 社長のI様には上記のシート防水の欠点をご説明し、当社が提案する塗膜防水についてのご説明をいたしました。程なくして工事の御依頼をいただきました。

◆施工内容◆
@床からの立ち上がりの側面を含め、既存のシートを剥ぎ取る
A塗膜防水する範囲を高圧洗浄する
Bカチオン系ポリマーセメントモルタルを塗装
C塗膜防水(エクセルテックス101工法を施工)
 
シートの剥ぎ取り
施工中 施工中 施工中
▲立ち上がり面も含めてシートを撤去します。機械や配管が複雑に存在する部分も丁寧にシートを撤去します。
施工中   施工中   施工中
施工中 施工中 施工中

▲高圧洗浄中です。

  ▲過去の補修で使われたコーキング等も丁寧に除去します。   ▲コンクリートが陥没した部分の不陸処理を行います。
施工中   施工中   下地処理
施工中 施工中 施工中
    ▲ドレン廻りのコンクリートの劣化を補修します。   ▲これまで設置されていなかった脱気筒を取り付けました。(

脱気筒とは、屋上の防水層と下地(コンクリートなど) の間に発生した水蒸気を排気するための筒のことです。水蒸気により塗膜が膨らむことによる塗膜防水の劣化を防ぐことが目的です。

◆カチオン系ポリマーセメントモルタルの施工
施工中   施工中
施工中 施工中
▲下地コンクリートの中性化を抑制すると共に、上塗りとなる防水塗料との接着を強固にします。
◆塗膜防水の完了後
施工後
施工後 施工後
施工後 施工後
施工後

◆担当プランナー◆三重野

◆担当工務◆篠田
三重野 篠田
  2級建築士
宅地建物取引士
1級建築塗装技能士

 

トップページへ戻る前へ戻る