大分のリフォーム・増改築、塗装、防水、エクステリア・外構、耐震補強工事……自然素材を生かした空間づくり

有限会社 北斗建装

自然を生かした空間づくり  

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

大分市高江南 K様邸 洗面室改修工事、外構工事
中古購入物件を、より使いやすくするための改修工事◇

2017年施工

 当社戸次ショールームにK様のご両親が来店され、K様ご夫妻が購入予定である中古物件の改修工事についてご相談をいただきました。ご相談いただいた時点ではまだ仮契約の段階であり、現地を見ることは出来ない状況でした。そのため、まずはK様ご夫妻のご要望をお聞きし、不動産屋さんの物件情報を元に概算でお見積りをご用意いたしました。この時点でのご要望は、洗面室まわりの改修とカーポート(2台用)、テラス屋根の設置でした。
 その後、物件を見ることができるようになった際、改めてご両親から正式な御見積依頼のご連絡をいただきましたので、早速プランナーの江守が現地調査に伺いました。
 K様ご夫妻が購入されたお家は築10年ほどの物件で、屋根は陶器瓦、外壁はタイル張りのお洒落な外観でした。しかしながら外構は手付かずの状態で、コンクリートブロックで作られた駐車場背面とエントランス階段横の塀が一際目立つ印象でした。
 家の中に入り浴室と洗面室まわりを確認したところ、浴室の横にシャワー室が別途設けられておりました。シャワー室横の部屋も中途半端な大きさのため、そこが完全にデッドスペースとなっていました。また、洗面脱衣室内にある洗濯パンの位置が扉への導線に被っているため、歩く際にぶつかってしまい非常に使い勝手が悪い状態でした。

 現状を確認後、入居前に内装のリフォームを済ませたいとご希望でしたので、まずは内装工事のお見積りを先にご用意いたしました。お客様の希望している内容に沿ってプランをご提案させていただいたところ、内容にご納得いただき工事の依頼をいただきました。

プラン内容
今後使用しないであろうシャワールームを撤去して洗濯機置き場に改修する
洗濯機置き場は、収納スペースもある小部屋にして室内用の吊り下げ式物干しを取付ける
洗面室の洗濯パンは取り除き、床と壁を補修して棚などを置けるスペースにする

◆内部改修工事

 シャワールームは解体して既存の部屋と繋げて小部屋に改修し、既存の洗濯パンを移設しました。収納スペースも確保して、天井には洗濯物を干せるようにホスクリーンを取り付けました。
 洗面室はクロスと床材を貼り替えて、洗濯パンがなくなったぶん広く使いやすくなりました。

施工前
施工前 施工前

 浴室とは別にシャワールームが設けられています。その隣の部屋には勝手口があり、何も置けないスペースとなっています。
 洗面脱衣室は扉のすぐ横に洗濯パンがあるため、洗濯機を置けば扉の開閉がしづらくなりそうです。圧迫感があり、これではちょっとしたものを置くスペースも取れそうにありません。

施工中
施工中 施工中
施工中 施工中

 まずはシャワールームを撤去して部屋の形を造り上げます。もともとあった水栓は、洗濯機用に使用するため壁面に移設します。

施工中
施工中 施工中
施工中

↑天井と壁にクロスを貼り、床をクッションフロアで仕上げます。

←洗面脱衣室の洗濯パンは取り外し、クロスとクッションフロアを貼り直しました。

施工後
施工後 施工後
施工後

完成後は、収納スペースを確保した新しい洗濯機置き場となりました。天井にはホスクリーンを取り付け、洗濯物を干せるようになっています。

←洗面脱衣所も使えるスペースが広がったので、これなら有効活用できそうですね。

 無事完成した洗面室周りの改修にご満足いただき、その後引き続きリフォーム外構工事のご相談もいただきました。

◆外構工事
 

 外構工事は、ご要望であったカーポートとテラス屋根の設置に加えて以下の内容をご提案いたしました。

プラン内容
お庭を全体的に整地する
リビングの前にウッド調の目隠しフェンスを建てる
エントランス階段を改修して使いやすく柔らかい印象のエントランスにする

 まずは予算に合わせた必要最低限の改修を行い、今後、生活の変化に合わせて手を入れていけるようなプランをご提案いたしましたところ、内容に納得いただきリフォーム外構工事のご依頼もいただきました。

 なにも手が入っていなかったお庭は、まず全体的に整地した後、防草シートを敷き込み、豆砂利と真砂土を入れました。リビングの大きな掃出し窓の前にはウッド調の目隠しフェンスを取り付け、勝手口側はゴミ箱を置けるように土間打ちをしてテラス屋根を設置しました。
 駐車スペースには2台用のカーポートを設置しました。エントランス階段部分の塀はブロック塀がそのままむき出しの状態で圧迫感があり、高さもあるので少し危ない印象を受けました。そのためブロック塀をカットして低くし、使いやすいように手すりを取り付けて塗装いたしました。リビング前に取り付けたウッド調フェンスと相まって、全体的にやわらかい印象のエントランスになりました。

プランのパースと図面
パース パース
パース
施工前
施工前 施工前
施工前 施工前

 何も手が入っていない状態です。エントランス階段の塀の高さや、リビングが丸見えになりそうな掃出し窓が気になります。

施工中◆防草シート
施工中 施工中
施工中

←↑全体的に整地して防草シートを敷き込み、真砂土と豆砂利を入れます。

施工中◆土間打ち、テラス屋根取付
施工中 施工中
施工中

←↑勝手口側は土間打ちをして、テラス屋根を取り付けます。

施工中◆エントランス
施工中 施工中
施工中

←↑エントランス階段のブロック塀はカットして手すりを取り付け、塗装します。リビングの掃出し窓の前には目隠しフェンスを建てていきます。

施工後
施工後 施工後
施工後

←↑駐車スペースには2台用のカーポートを設置し、エントランス階段も使いやすくなりました。
勝手口スペースは洗濯物が干せるようになり、濡れずにゴミ捨てができるようになりました。

施工後 施工後
施工後

←↑庭には真砂土を入れ、裏側は防犯面を考えて豆砂利を入れています。
今後のニーズに合わせて、お庭を変えていきやすいようにいたしました。


 せっかく購入したマイホームにデッドスペースがあるなんて、とてももったいない話です。それは購入物件に限らず、今お住まいの間取りでお悩みの方にも言えることです。
 建物によって色々な制限はありますが、出来る限り快適に住みやすくすることが、リフォームに携わる私たちの仕事です。住まわれる方のニーズに合わせた費用対効果の高いプランをご提案したいと考えています。ご検討中のお客様は、是非一度当社にご相談ください!

◆担当プランナー◆江守

◆担当工務◆江藤

江守

江藤
  2級建築施工管理技士

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

 トップページへ戻る前へ戻る