【自然素材であなただけの家を一緒に造ってみませんか?】
自然を生かした空間づくり
有限会社 北斗建装
大分市高崎 S様邸 外部階段手すり取付け工事(介護リフォーム)
2010年施工
施工前 施工後
外部階段手すり取付け工事 施工前
外部階段手すり取付け工事 施工後

以前当社で塗装工事を施工させていただきましたS様が、にじが丘ショールームにお見えになりました。
一緒に住まわれているS様のお母様が、病気のために左半身を麻痺され、階段など段差を歩かれる際に、支障をきたしていらっしゃるとの事でした。

しかしS様のお宅は高台にあり、外出の際はどうしても外部階段を利用しなければならない状況で、ご主人が付き添って昇り降りされていたそうです。それでも一度転倒されて以来、かなりお母様は不安に感じられていたようです。

そこで、手すりと転倒防止の柵を取付けることとなったのですが、普通のリフォーム以上に使用される方への配慮が必要なのが介護リフォームです。今回の場合、お母様が使いやすいように、手で掴みやすい位置に手すりを付け、もたれかかっても耐えられる強度、そしてデイケアの方やご主人が付き添って歩く際に動きやすいスペースが必要でした。

そこで、当社工務の神田(福祉住環境コーディネーター、二級建築士)とS様ご家族で話し合い、手すりは昇る時より危ないとされている、降りる時の利き手側となる壁側に取付ける事にしました。
また、素材も成人男性が全体重をかけても安全な手すり(YKK AP社製)を、そして付き添いの方も並んで歩く事ができる幅75cm以上のスペースを確保しました。

当社がご提案したイメージ案
イメージパース
施工後
外部階段手すり取付け工事 施工後 外部階段手すり取付け工事 施工後
◆施工中の様子
施工中
施工中 施工中
▲位置高調整にも細心の注意が必要です。  

モルタル養生の際にはご主人様も子供達が触らないように、張り紙をして協力してくださいました。ありがとうございました。

◆施工後
施工後
外部階段手すり取付け工事 施工後 外部階段手すり取付け工事 施工後
▲手すりの端が下方を向いているのも、服の袖口がひっかかりにくくするための重要なポイントです。 ▲階段下のスペースにも手すりを付けたので、車の乗車も安心です。

完成後、お母様には大変喜んでいただきました。
在宅介護はする方もされる方も心身ともに少なからずの負担が生じるといいます。介護リフォームで、その負担を少しでも軽減していただければ幸いに思います。

介護リフォームのその他の施工例はこちら

 

トップページへ戻る前へ戻る