【自然素材であなただけの家を一緒に造ってみませんか?】
自然を生かした空間づくり
有限会社 北斗建装
大分市 Y様邸 全面リフォーム工事及び耐震補強工事
2009年施工

当社ショールームにY様ご夫婦がお見えになり、既存の家屋を耐震補強し、全面リフォームしたいというご依頼でした。
後日、現地を拝見させていただきました。大きな敷地にある築80年の立派な木造平屋建てのお宅でした。

●Y様のご要望
  • 既存の家屋の広さを保ち、全面リフォームしたい(新築も検討したが、現状のような大きな家の新築は高額になるため)
  • 昭和2年(約80年前)築の本棟は、室内を全て解体し、耐震補強してほしい。
  • 現在多くの部屋はあるが、使わない部屋が多いため、全ての部屋を使いやすくしたい。
  • 雨漏り(屋根)、断熱(壁)、基礎(床)の状態をリフォーム解体後、チェックしてほしい。

2期に分け、結果4ヶ月間にわたる工事となりましたが、ご家族の皆様のご協力で無事終了する事ができました。大変ありがとうございました。

※以前に他のリフォーム業者で工事をされた事は聞いておりましたが、考えられないレベルの間違い工事が何カ所かありました。
新築よりはるかにむつかしいのがリフォームです。

◆図面
既存平面図   改装後平面図
既存平面図 改装後平面図
◆施工前
施工前外観 施工前外観 施工前外観
施工前外観 施工前外観
◆解体後
解体後 解体後 解体後 解体後
本棟解体後の天井裏には、立派な木材がふんだんに使われていました。
解体後 解体後 解体後 解体後
柱はレベルが取れていない状態でした。また、床下は低く基礎石がずれているところが多く、湿気がたまっている状態でした。
【施工】地盤は、耐震補強もかねてベタ基礎を打ちました。
◆耐震補強工事(金具)
耐震補強工事(金具) 耐震補強工事(金具) 耐震補強工事(金具) 耐震補強工事(金具)
耐震金具を耐震基準以上設置しました。耐震金具は、耐震診断を基に設置しています。
◆耐震補強工事(木材)
耐震補強工事(木材) 耐震補強工事(木材) 耐震補強工事(木材) 耐震補強工事(木材)
悪くなった木材を撤去し、耐震診断を基準として、耐震補強材をふんだんに入れました。
柱はできるだけ太く新しいものに取替え、耐震基準以上にいたしました。
また、基礎は土台強化も兼ねてベタ基礎にいたしました。
◆完成写真:玄関
完成写真:玄関 完成写真:玄関
▲玄関外から ▲玄関ホール内から
お祖母様のご希望で、玄関は明るく広く作り、3段ステップで迫力がある作りになりました。 上部にある梁は、解体したものを再利用させていただきました。
◆完成写真:和室
完成写真:和室 完成写真:和室
ご親戚が集まる時のために、広い客間の広さは変えずに施工いたしました。
完成写真:和室
仏壇と床の間スペースは、既存の雰囲気を生かし再生いたしました。
◆完成写真:リビング
完成写真:リビング 完成写真:リビング 完成写真:リビング
▲旧家屋にあった電気の線をオブジェとして取付けています(電気は通っていません) ▲柱と永石はあえてクリアー塗装で明るいイメージにしています。 ▲リビングはご家族のみなさんの意見を取り入れ、既存の梁を見せ、ライトアップいたしました。
完成写真:リビング 完成写真:リビング 完成写真:リビング
▲和風モダンなリビングは、ダイニングキッチンに繋がっています。 ▲天井には断熱材を挟み込んでいます。 ▲光が入る室外側は、明かり取りも兼ねて雪見障子にしています。
また、掘りごたつもオーダーサイズで作成しました。
完成写真:リビング 完成写真:リビング
◆こんな施工でいいの?(写真は施工前の様子です)
全体   全体2
UP
耐震金具のボルト締めを釘打ちで施工しています。
UP
屋根と壁の取り合いには水切りがなく、ただ差し込んで施工してるだけでした。
UP
大きな隙間には、木片を詰め込んだだけの施工でした。

施工後:全体

昭和60年前後に増築した壁面は、枠組の木にボードを貼っただけで、防水性がまったくない作りになっていました。
◆スタッフ紹介
工務部:重石 工務部:乙津
工務部:重石
(二級建築士)
工務部:乙津
(大工、社員)
  

トップページへ戻る前へ戻る