大分のリフォーム・増改築、塗装、防水、エクステリア・外構、耐震補強工事……自然素材を生かした空間づくり

有限会社 北斗建装

自然を生かした空間づくり  

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

大分市 A様邸 内部改修工事、屋根・外壁等全面塗装工事

2017年、2018年施工
施工前 施工後
施工前
施工後

 2017年12月にA様からお電話をいただきました。バルコニーが傷んで崩落しそうなので、取り急ぎ応急処置をして欲しい。また、2018年に入ってからでよいので、リフォームの相談をしたいとの内容でした。毎年春に開催される「おおいた人とみどりふれあいいち」で当社のブースを訪れ、リフォームの相談をされた時に対応させていただいたプランナーの三重野の説明が丁寧でとても理解しやすく、安心して相談できる会社という印象を受けたため、ご連絡下さったとの事でした。
 後日、バルコニーの状態を確認するためにお伺い致しました。バルコニーとその支えの鉄骨柱の接合部分において、バルコニーの木下地が腐食し、鉄骨柱も錆びてもろくなっている状態で今にも崩落しそうになっておりました。

施工前
施工前 施工前 施工前
  ▲接合部分の木下地の腐食 ▲鉄骨の錆が毎日地面に落ちていました
応急処置後
施工後 ←応急処置として、木柱2本でバルコニーを支えることと致しました。

 A様から「これで安心して新年を迎えられます。」とのお言葉をいただきました。

 2018年1月からはリフォームのお話を進めていきました。
 A様宅は築40年で、屋根はセメント瓦、外壁はモルタルで仕上げられた木造住宅でした。お仕事をされていた間は多忙を極め、家のメンテナンスに目を向ける余裕がなく、浴室以外は20年以上手を入れていませんでした。退職されて数年経ち、時間的に余裕ができた頃から第二の人生の過ごし方を考えるようになり、住まいのことも検討し始めたそうです。ご自宅を快適に過ごせるようにリフォームするか、または、ご自宅を売却して、利便性の高いマンションを購入してリフォームするか検討しているので相談にのってほしいとの事でした。
 また、ご自宅は今後住み続けるうえで一つ大きな問題を抱えておりました。経年によって地盤の一部が沈下し、建物が傾いてしまっており、傾きは体感できるレベルでした。
 当社にご相談いただく以前、2社に家の傾きを改善するためのリフォームを相談したそうですが、具体的な見積もりや提案まで話しが進まなかったとのことでした。床を水平にする工事は難易度が高く、時間と手間も非常にかかるものです。提案においても多くの時間を要します。非常に難しいご相談でしたが、まずはご希望を聞き取り、プランを作っていきました。

◆◆◆A様のご希望◆◆◆
お料理が好きなので、お友達と談笑しながら料理を振る舞える間取りにしたい。
今後も愛犬と一緒に暮らしていきたい。
趣味の油絵を続けたい。

 何度かご訪問してお話を伺ううちに、A様にとってのご自宅の利点も見えてきました。

◆◆◆
ご自宅の気に入っている点◆◆◆
高台にあり、外からの視線が気にならない。
リビングが明るく、窓から見える景色もよい。
お花を植えるなど手入れをすることで眺めを楽しめるお庭がある。
愛犬がいつでもお庭に出ることができ、愛犬もストレスなく過ごせる。
油絵専用の部屋が南面にあり、気持ちよく絵を描ける。

 A様のご希望やお人柄も併せて勘案した結果、ご自宅をリフォームした方がより充実した第二の人生を過ごせるのではないかと感じました。ご自宅のリフォームをお勧めしたところ、同意のお返事をいただき、ご自宅をリフォームする方向で話を進めていこうとご決心されました。

◆◆◆改善したい事◆◆◆
崩落しかけているバルコニーを撤去する。
傾きを明らかに体感できるレベルで家全体が傾いているため(40年以上前に宅地開発された住宅地だったためと思われます)、ダイニングキッチン、リビング、リビング横の和室の床レベルを水平にする。
ダイニングキッチン、リビング、寝室の断熱性を上げる。(断熱材が入っていないため、夏は暑く、冬は寒い)
キッチンを対面にして、お料理をしながらリビングにいるご家族やお友達と会話を楽しめるようにする。
寝室として使っているリビング横の和室を洋室にする。
トイレ・1階廊下の床を改修する。
玄関ドアを交換する。
屋根・外壁等の塗装をする。

 お見積もりを作成する前に、床レベルを改善するにあたって、白蟻の被害がないか、地面に大きな亀裂がないか等、床レベル改善にあたって大きな問題がないことを確認致しました。

施工前 施工前

 また、A様宅はセメント瓦の屋根であり、雨漏りの心配もありました。もし雨水の浸入で野地板が腐っていれば、塗装ではなく瓦の葺き替えをする必要がありましたが、小屋裏から雨漏りがないことが確認でき、安心致しました。

 
施工前 施工前
 離れて暮らしている息子様のご意見も参考にしたいということで、お見積もり説明の際は息子様にも同席いただきました。
 数日後に工事をご契約下さいました。
◆ダイニングキッチン、リビング、寝室
★既存図   ★改修図
既存平面図 既存平面図

・床レベルの改善、断熱性向上(壁と床下に断熱材を入れ、内窓を取り付ける)
・キッチンを対面にする

施工前
施工前 施工前
施工中★解体
施工中 ←まずは、床と壁を解体しました。
施工中★部屋の傾きを改善
施工中 施工中

 新しい床が水平になるよう大引を取り替え、床下で高さの調整が可能な鋼製束に交換致しました。

施工中
施工中 施工中

 壁の解体を機に、筋交いを追加して耐震性を向上させました。
 家全体が傾いているため、床を水平にすると床に対して壁が垂直になりません。したがって、室内が若干狭くなりますが、床に対して垂直になるよう新たな壁を内側に作製しました。サッシについても水平になるよう取り付け直しました。

施工中
施工中 施工中
▲リビングから寝室を見た角度 ▲リビングからキッチンを見た角度
施工後★キッチン
施工後 施工後
 ご家族やお客様と楽しく会話をしながら料理ができるようになりました。流し台とコンロ台を分離させ、動線に無理がない配置に致しました。
施工後★リビングダイニング
施工後
 キッチンとの間仕切りは、2枚引戸を壁に引き込めるタイプを採用し、開口が十分に取れるように致しました。半透明のアクリルパネルなので圧迫がありません。
施工後★内窓
施工後 施工後
 既存のサッシが一枚ガラスで断熱性が低かったため、内窓を取り付けました。
 寝室においては、夏にエアコンを切って寝ても朝までぐっすり眠れるようになったとのことです。また、冬の冷え込みが厳しい日は以前だと室温が5度前後まで下がっていたそうですが、リフォーム後は11度程を保っており、断熱の効果に驚いたそうです。夏、冬通して断熱性が向上し、快適に過ごせると大変喜んでいただきました。
◆トイレ
施工前   施工後
施工前 施工後
◆廊下、玄関
施工前
施工前
施工後
施工後 施工後
施工前   施工後
施工前 施工後
 フローリングを張り替え、玄関ドアも取り替えました。
◆塗装工事
施工前   施工後
施工前 施工後
◆屋根
施工前
施工前
高圧洗浄後   下塗り後
施工中 施工中
施工後
施工後
◆玄関木部
施工前
施工前 施工前
施工後
施工後
◆面格子
施工前
施工前 施工前
▲アルミの腐食(孔食)が目立っていました。
施工後
施工後
◆バルコニー撤去
施工前
施工前
施工中
施工中 施工中
施工後
施工後 施工後
施工後 ←2階の掃き出しサッシから転落しないよう転落防止柵を取り付けています。

工事後、「今回の工事は一大決心でしたが、リフォームして本当によかった」との感想をいただいたこと、今後もお茶を飲みに立ち寄って欲しいとのお言葉をいただいたこと、大変光栄に思っております。
今後もA様が快適に過ごせるよう、ご提案させていただきますので何でもご相談下さい。

◆担当プランナー◆三重野

◆担当プランナー◆松木

◆担当工務◆上原 ◆担当工務◆長岡
三重野 松木 上原 長岡
    2級建築士(工務部長) 1級建築塗装技能士
2級建築施工管理技士


TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

 トップページへ戻る前へ戻る