大分のリフォーム・増改築、塗装、防水、エクステリア・外構、耐震補強工事……自然素材を生かした空間づくり

有限会社 北斗建装

自然を生かした空間づくり  

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

臼杵市野田 K様邸 リフォーム外構工事
見て楽しむ、使って楽しむお庭造り◇

2018年施工
施工前 施工後
施工前
施工後

 2018年の初めに大在ショールームにK様ご夫婦がご来店くださいました。ご相談内容は、ご自宅の外構についてでした。K様は2年前(2016年)にA工務店でご自宅を新築され、その当時は外構工事を具体的にどうしたいという希望もまとまっていない等、諸々の事情により外構には手をつけず、駐車が出来るように砕石敷きだけ済ませたそうです。住み始めて1年経ち落ち着いた頃、実際に生活して要望が具体的に出てきたこともあり、そろそろ外構工事も着手しようと新築を建てたA工務店にご相談なさったそうです。しかし、待てど暮らせど連絡が来ず、「外構工事を受ける気がないのだな・・・」と思い、通勤時に大在ショールームの前を通るので、以前から気になっていたという当社に、この度思い切ってご来店くださいました。
 新築からの経緯をお聞きし、まず、当社には建築はもちろん、外構専門の部門があり、打ち合わせから施工、アフターメンテナンスまで自社で請けることが出来ますのでご安心くださいとお話しさせていただき、安心されたご様子でした。
 初めに、K様のご要望をお聞きしました。

◆◆◆K様からのご要望
@排水が悪く法面が崩れたことがあるので、改善したい
Aリビング等のお部屋が道路に面しているため、目隠しがほしい
B植栽は好きなので提案してほしい
C人を呼んでBBQなどをよくするので、使いやすい庭にしたい
D駐車スペースはなるべく広くしたい

 大体このような配置を考えているというラフ画を手描きしていただき、それを基に起こしたプランを1つお作りしました。また、当社のお勧めプランを予算オーバーで構わないので作ってほしいとご要望をいただき、プランをもう1つ作成したところ、大変気に入ってくださいました。ただ、費用が現実的でなかったため、予算と希望をすり合わせていく事になりました。
 プランを詰める上でまず確認させていただいたのは「自分たちが楽しむ庭造り」と「外から見た時のバランス・景観」、どちらに重きを置くかという事です。もちろん、両方をバランスよく叶えるプランが最も望ましいのですが、スペースや予算に限りもあるため、何に1番重きを置くかは大切にしたいところです。K様はご友人やお客様をご自宅に呼んでBBQ等を行うことが多く、それに適した庭造りは欠かせないので、外からの景観より中の造りを充実させたいとの事でした。なので、今回はK様ご自身が見て楽しめる、使って楽しめる庭造りをテーマにプラン造りを進めました。 K様も大在ショールームに何度もお越しくださり、実現可能かつご希望に合うプランを一緒に作っていきました。
 完成したプラン内容、お見積もり共にご納得くださり、ご発注くださいました。

◆K様のラフ画を基にしたプラン
★図面
図面
★パース
パース パース パース
◆HOKUTOおすすめプラン
★図面
図面
★パース
パース パース パース
◆ご契約プラン
★図面
図面
★パース
パース パース

 デザインについては、家の雰囲気が和モダンだったので、基本的には家に合う雰囲気にまとめていくことにしました。施工例やカタログをご覧いただきながらにお好みを聞き取りしたところ、家と同じく和モダン、もしくはナチュラルなお庭がお好きなことがうかがえたので、その雰囲気を大事にデザインしました。

 目隠しについては、どこからの目線が気になるか、どの程度の目隠しが圧迫感なく感じるか等、具体的に現地で打ち合わせいたしました。

 排水については、以前、法面が崩壊した際に一部排水工事を行っているとのことでしたので、今回は大規模な改善工事は見送ることになりました。

施工前
施工前 施工前
施工前 施工前
施工中
施工中 施工中
施工中 施工中
施工中
施工中 施工中 施工中
施工中
施工中 施工中
施工中
完成間近
施工中 施工中
施工中 施工中
施工中 施工中
施工中 施工中
施工中 施工中
施工中 施工中
施工中 施工中
施工後
施工後 施工後
施工後 施工後
施工後 施工後
施工後 施工後
施工後 施工後
施工後
施工後★全景
施工後 施工後
施工後

 工事中も細かな配置決めや、植栽の選定などなにかとご協力いただき、ありがとうございました!!!
 新しいお庭にも大変喜んでくださり、工事後はさっそくBBQを楽しんでいただけているようです。植栽を多く取り入れたことで、日頃のお手入れは必要とはなりますが、四季の移り変わりとともに変化するお庭の雰囲気を、植物たちのお手入れを通じてぜひ楽しんでください!
 大変お世話になりました。今後共末永くお付き合いよろしくお願い申し上げます!

新築を建てられる際、外構工事は大体の予算だけ設定して話しを進め、家が建った後に外構の具体的な見積もりをしてみたら、最初の予算より大幅に値上がりした見積もりを提示された。または、プランの内容が乏しく、デザインもありきたりで全く納得いかない。そういったお悩みのご相談を、多くのお客様からいただきます。

ハウスメーカーを含め新築を建てる多くの会社は「建築業」を生業としており、外構に全く携わっていないことが多いのです。外構工事はどこかの下請けの外構工事会社に丸投げしているのが実態なのです。こういった会社は新築工事の契約を取る事(自身の営業成績を上げる事)が最大の目的であり、新築ほどの売り上げが見込めない外構はおざなりにされてしまいます。その結果、予算をでたらめに(基本的には安く)設定し、「○○円くらいで予算を考えていればよいですよ。」と話して新築工事の契約だけ進めてしまい、実際は言っていた予算では全く納まらないという営業が横行してしまっているのです。(例えば、「外構工事の具体的なプランは新築プランが決まってから出します。」と言っておいて、契約後に出てきたプランはただ駐車場のコンクリートを打っただけのデザインもなにも無いものだった等)

また、外構工事と新築工事が別々に切り離されて成り立ってしまっているのも大きな問題です。当社は新築をプランしている時から外構も一緒にプランするという流れの方が、質の高い家になると思っています。居住空間と庭を分離して考えてしまうと、分離した使い方しかできない住宅になってしまうからです。
現在の日本の住宅は、建物と庭、生活と庭が分断された造りになっています。例えば、洗濯物を干すためだけのスペース。他の活用法が分からず、雑草が生い茂っているだけの厄介なスペースになってしまっていませんか?
本来、庭は人の生活に欠かせないものであり、健康で質の良い生活をおくる上では重要な役割をもっています。自然を楽しみ、穏やかに健康に、豊かに過ごせる空間を創る事も、庭に求められる大事な要素です。
建物と庭に一体感をもたせ、生活に寄り添ってくれるようなお庭(例:ガーデンキッチン・サンルームやガーデンルーム等の5thルーム)を提案していくには、新築の打ち合わせの段階から外構も含んだ総合的なプラン作りが必要です。そうすることで、よりよい空間の提案が出来るのではないでしょうか?
また、契約後に出された見積もりと予算が折り合わない、プラン内容に納得がいかないまま工事が進んでしまうといった事も防げるのではないでしょうか?

新築が売れさえすればよいと思っている会社に任せきり、自社商品を売りたいだけのメーカーに任せきりにするのではなく、自分や家族が質の良い生活をするイメージをもつことに積極的になっていただきたいなと思います。新築のプランだけでも決める事が多く、外構は後回しでいいか・・・と思ってしまうかもしれませんが、もう一歩踏み込んで外構のプランにも興味をもち、ご自分の快適な生活をイメージしていただければ、プランの質がぐっと上がるはずです。

北斗建装では新築・リフォーム・塗装そして外構、全てを専門に行っております。建築・外構どちらかだけでなく、どちらも含めた生活空間をご提案し、質の良い家造りをお客様と一緒に考えていければと思っております。


◆担当プランナー◆東本
東本

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

 トップページへ戻る前へ戻る