大分のリフォーム・増改築、塗装、防水、エクステリア・外構、耐震補強工事……自然素材を生かした空間づくり

有限会社 北斗建装

自然を生かした空間づくり  

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

大分市旦野原 M様邸 外構リフォーム工事

2016年施工

 当社のホームページをご覧になったM様が、戸次ショールームにお越し下さいました。ご自宅の外構のリフォームのご相談をいただきました。M様のお宅は、タマホームで3年前に建てられたまだ新しいお宅で、新築の際、外構もタマホームで施工されておりました。
 新築時のプランはオープン外構であり、プランニングの際にはオープン外構に特に違和感を感じなかったとのことでした。(※オープン外構とは、欧米に多いスタイルであり、門扉や塀が少なく、限られた敷地を広々と感じることができるという魅力があります。)しかし、実際に住み始めてみると、他人が容易に敷地内に入ることができる為、プライバシーが守られていないということに不自由を感じられたとのことでした。

施工前
施工前 施工前 施工前

 そのような問題を解決したくて、まずG社にクローズド外構のプランを依頼したそうです。しかし、G社の提示したプランの内容と費用に納得できなかったということで、他の会社を探されていた折に、当社の外構の実績を知って下さったとの事でした。

 後日改めて現地調査にお伺いしました。ご夫婦がお困りの事や、実現してほしい事などをお伺いし、新しいプランの方向性をM様ご夫婦と共有致しました。その中で、お子様の手形をつけている塀は残してはどうかとご提案し、それをポイントにプランの作成を進めていきました。
 初回のプランニングまでは奥様中心で検討を進め、2回目以降のプランニングからはご主人にも参加していただきました。奥様とご主人の意見を取り込んだものが3回目のプランとなり、ご主人はプラン3にご納得下さいました。
新築時のご家族の手形  
施工前 施工前
◆パース図面(プラン3)

 奥様も希望されたプランにかなり近づいたとのことでしたが、目隠しフェンスとフェンス下にある塀の、デザインのバランスにしっくりとこないということでした。

パース図面 パース図面
◆パース図面(プラン4に決定)  ◆パース図面(プラン5)
パース図面 パース図面

 そこで、改善点をご提案し、次回の打ち合わせでは、それら改善点を盛り込んだプラン4とプラン5を用意し、どちらかを選択していただくことになりました。
 最終的に、プラン4で工事のご発注をいただきました。お子様の手型をつけた塀とインターロッキングのアプローチは既存のままとしています 。ポールやポストは新たな門の位置に移動させるなど、極力既存のものを再利用することで費用を抑える工夫をしました。


施工中   施工中   施工中
施工中 施工中 施工中
  施工中   施工中   施工中
施工中 施工中 施工中
施工後
施工後 施工後
施工後 施工後

↑お庭でボール遊びをしても容易にボールが隣の敷地に飛んでいかないよう、目隠し機能のあるフェンスを取り付けています。

→新たな思い出として、新築時からほぼ3年後のご家族の手型を作成しました。新築時の手型と比べると、お子様の手が大きくなりました♪

メモリアル手型

 工事が完成した後、三重野が訪問したところ、ご主人とお子様たちがボール遊びをされており、新しいお庭を楽しまれていました。ご主人、奥様ともに大変ご満足いただき、施工後アンケートでは恐縮するくらいにお褒めのお言葉をいただきました。

◆担当プランナー◆三重野

三重野

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

 トップページへ戻る前へ戻る