【自然素材であなただけの家を一緒に造ってみませんか?】
自然を生かした空間づくり
有限会社 北斗建装

大分市新栄町 ウィンディア新栄様 屋根・外壁等全面塗装工事

2014年施工
施工前 施工後
施工前
施工後

 当社が定期的に開催している塗装勉強会にご夫婦でご参加下さいました。H様は普段から当社ホームページをご覧になって下さっていたそうです。
 勉強会終了後に、H様所有のアパートの塗装についてご相談いただき、更に見積もりをご依頼下さいました。後日プランナーの三重野が現地調査に伺いましたが、H様も立ち会って下さり、気になる所のご質問もいただきました。
 H様のアパートは20年前にPホームで建てられており、その10年後に訪問販売のHペイント(その後倒産)で塗装されておりました。屋根は石綿スレート、壁は窯業系サイディングという仕様で、この点では一般的なPホームの造りでしたが、実はこの年代のPホームの外壁は少し特殊なタイプでした。経年劣化によって外壁の表面がお菓子のクッキーのように脆くなるケースが多く見られることをH様にご説明しました。この年代の建物以外では見たことがないので、その欠点がわかって、あわてて使用中止にしたのかもしれません。H様のアパートのサイディングにも随所に脆くなった部分がありました。

  施工前  
  施工前  
  ▲クッキーのようにサイディングが脆くなった部分  
 最善の処理方法、塗装方法を詳しくご説明致しました。既に2社の業者からお見積もりを取られていたそうですが、後日お見積もりをお持ちした際に、当社に決めて下さいました。
 塗装についての豊富な知識、素人の方でもわかりやすい説明内容、豊富な施工実績、工事に対する熱意などから信頼できる業者と判断されたそうです。
◆屋根
施工前
施工前 施工前
施工中
施工前
施工後
施工後 施工後
◆軒天井
施工前   施工後
施工前 施工後
◆外壁
施工前
施工前 施工前
▲チョーキング ▲目地の劣化
施工前
施工前 施工前
施工後
施工後 施工後
◆玄関ドア
施工前   施工後
施工前 施工後

 玄関ドアは軟質塩ビ鋼板という材質によるものでした。大手のハウスメーカーやその下請塗装業者は、軟質塩ビ鋼板は塗装できないという誤った認識をもたれている場合が殆どです。当社では、軟質塩ビ鋼板に適した下塗り塗料を施工することで、高品質の塗装を行っています。たいていの業者はその下塗り塗料の存在を知らないあるいは、勉強不足のため施工できないと思っているようです。当社ではアパートの施工実績が多く、上記の軟質塩ビ鋼板以外にもアルミの手すりや、玄関ドアなど、多くの業者が塗装できないと思っている建材においても正しい施工により塗装させていただいています。
 工事後、H様より「大変きれいになりました。ありがとうございました。」という嬉しいお言葉をいただきました。


◆担当プランナー◆三重野

◆担当工務◆篠田
三重野 篠田
 

2級建築士
宅地建物取引士
1級建築塗装技能士


 

トップページへ戻る前へ戻る