大分のリフォーム・増改築、塗装、防水、エクステリア・外構、耐震補強工事……自然素材を生かした空間づくり

有限会社 北斗建装

自然を生かした空間づくり  

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

大分市高城南 I様邸 屋根・外壁等全面塗装工事及びベランダ防水工事
◇タイル調サイディング壁のカラー(エナメル)塗装◇

2017年施工
施工前 施工後
施工前
大分市 S様邸 全面塗装工事

 以前よりお付き合いのある設計事務所さんからご紹介をいただきました。設計事務所で新築されたI様が、塗装業者を探しているとのことで、当社をご紹介下さいました。
 現地調査には、プランナーの三重野の他に設計事務所の方も同行され、I様と3人で外壁などの傷み具合を確認しました。
 I様宅は築20年が経過しておりましたが、今まで1度も塗装していなかったそうです。屋根はスレート瓦、外壁はタイル調サイディング、ベランダはFRP防水の造りでした。築20年ということもあり、全てにおいて劣化が目立っていたので、劣化している部分とその対処の概要をお話しました。
 その後のお見積もり説明では、次のポイントを重点的に説明し、工事内容にご納得いただき、ご契約となりました。
スレート瓦  
 I様宅のスレート瓦は、セメントに石綿(アスベスト)を混ぜたものです。
 2006年に石綿が全面使用禁止となった後に販売されているスレート瓦は、石綿に代わる材料が使用されておりますが、石綿のものと比べて強度が低く、その為に以前のものより厚みが増しているのにそれでも割れやすいという大きな問題点があります。I様宅のように石綿が混ざっているスレート瓦を使用されている場合は、塗装をして大事に維持していくことがお客様にとって最も良い方法です。
 また、石綿は製造段階や解体等で粉じんを吸い込むと肺がん、中皮腫のリスクが生じますが、既に製品となっている屋根材として存在する分においては、強度が大変高いために健康被害を引き起こす事はありません。
サイディング
 ひび割れ、目地、窓廻りのシリコンの補修を行います。
シリコンは紫外線に非常に弱いため、紫外線カット機能があるサイディング専用の塗料で塗装する必要があります。
ベランダのFRP防水
 現地調査で拝見したところ、緑色の上塗り(トップコート)が剥がれてFRP(繊維強化プラスチック)が見えている状態になっていました。このままでは、FRPが傷んで破損する可能性があるため、FRPを保護するために、4工程の塗膜防水を施工します。

★当社提案カラーシミュレーション★
カラーシミュレーション カラーシミュレーション カラーシミュレーション
    ▲決定案

 色選びについては、既存の色合いが気に入っているとのことで、既存と近い雰囲気を希望されていましたが、参考までにとカラーシミュレーションを提示したところ、1階が濃いグレーのパターンを気に入ってくださいました。

施工前
施工前 施工前
 
施工後
施工後 施工後
◆スレート瓦の塗装
高圧洗浄後
施工中 施工中
施工後
施工後
◆サイディングのひび割れ
施工前   施工中
施工前 施工中
 
施工後
施工後
◆目地の劣化
施工前   施工中
施工前 施工中
 
施工後
施工後
◆ベランダ防水
施工前 トップコートの剥がれ
施工前 施工前
 
施工後
施工後 施工後
◆勝手口門扉
施工前   施工後
施工前 施工後

 ■■お客様アンケートより■■
工事について感じたこと
 沢山ある業者さんの中から何処に依頼するかが一番の問題でしたが、家を建てたときの建築士さんの紹介で見積もりをして頂きました。その時の(見積もり後)説明が大変詳しく、丁寧にして頂いた事で信頼できました。又、足場組みの業者の方や塗装の作業者の方々も明るく、話しやすい人達であり、いい会社であると感じました。
ご依頼から工事完了まで良かったと思う事
・見積もり後の説明が詳しく丁寧でした。
・ちょっとした手直しを依頼しても直ぐに対応して頂いた。
・皆さんが話しやすい(声を掛けやすい)ので色々と工事の内容を聞きやすかった。
・担当営業の方が工事の途中でチェックに来てくれた。
今後のサービス向上のためのアドバイスをお願いします
 
初めて依頼する人は、本当に大丈夫だろうか?と言う不安を持っています。何でもいえる雰囲気を持って接してくれると安心すると思います。今回、私の所については大変満足しています。

◆担当プランナー◆三重野

◆担当工務◆大崎
三重野 大崎
  1級建築塗装技能士

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

 トップページへ戻る前へ戻る