大分のリフォーム・増改築、塗装、防水、エクステリア・外構、耐震補強工事……自然素材を生かした空間づくり

有限会社 北斗建装

自然を生かした空間づくり  

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

大分市 N様邸 屋根・外壁等全面塗装工事、バルコニー防水工事

2019年施工
施工前 施工後
施工前
施工後

 2017年11月末、N様から大分本店にお電話をいただき、本店店長の三重野がお話しをお聞きしました。自宅のサイディングの目地にひび割れが生じているので、補修した方がよいのかという内容でした。ホームページに掲載されている当社の施工例や施工に対する考え方に興味をもち、ご連絡下さったとのことでした。
 N様のご自宅は全国に販売網があるM社が建築・販売した建売住宅で、築8年とのことでした。「もちろん今回のご相談内容について当社で施工することもできますが、その場合は費用が発生します。築8年であればM社の保証期間内であるため、無償で対応してもらえます。まずはM社にご相談されてはいかがでしょうか。」とお伝えしました。
 それから11か月後、N様から再度お電話がありました。M社に目地の補修を依頼したところ、目地を剥がされたままになっている部分があり、補修された部分も早々にひび割れを起こしているとのことでした。そもそも住宅購入後のアフター訪問が全くなかったこともあり(通常は6ヶ月後・1年後・5年後等のタイミングにある)、N様はM社の一連の対応に納得できず、これ以上任せることはできないと判断されたようでした。
 電話の内容からただ事ではないと判断し、後日、状況確認にお伺いしました。目地を調査すると全体的に傷みが生じておりました。また、補修した箇所を見ても、適切な施工とは思えない状態でした。

施工前 施工前
▲目地を剥がしたままになっている部分 ▲補修後のシリコンが再度ひび割れている(下半分の白っぽい目地がM社が補修した部分)

 サイディングの目地や窓廻り等に使用されているシリコンは紫外線に非常に弱いため、補修した後に塗装して保護する必要があります。まだ築8年ということもあり、サイディングの塗装は2〜3年後でもよいと思いましたが、シリコン部分のみを補修するという訳にはいかないことと、バルコニーの防水の劣化も著しかったので、このタイミングでスレート屋根を含めた全面塗装とバルコニー防水をされるべきでは、とN様にお伝えしました。
 後日、見積もり説明をご夫婦そろって聞いていただき、当社の塗料選択、施工方法にご納得され、工事をご発注いただきました。

◆全景
施工前   施工後
施工前 施工後
◆屋根塗装
施工前   施工後
施工前 施工後
◆バルコニー防水

 バルコニーの防水の状態が気になったため、確認させていただきました。戸建ての住宅の防水手法として一般的なFRP防水が施されておりましたが、築8年にしては保護塗膜の傷みが激しい状態でした。

施工前
施工前
施工前
施工前 施工前

▲FRPの素地を保護するための保護塗料が劣化し、素地が透けて見えています。

▲立ち上がりの部分には、亀裂が生じておりました。
施工後
施工後 施工後
▲4工程からなる塗膜防水を施工致しました。

▲立ち上がりの亀裂も補修致しました。

◆バルコニーの笠木塗装

 バルコニーの笠木にはガルバリウム鋼板が使用されていました。ガルバリム鋼板は、錆びにくいよう加工されていますが、錆びないわけではありません。
 すでに一部で錆が生じていましたので、錆が進行しないよう笠木全体を塗装致しました。

施工前
施工前 施工前
施工後
施工後

最後にN様より、「これからは何でも北斗さんに相談すれば良いという安心感を感じました。」という大変うれしいお言葉をいただきました。


◆担当プランナー◆三重野

◆担当工務◆長岡
三重野 長岡
 

1級建築塗装技能士
2級建築施工管理技士


TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

 トップページへ戻る前へ戻る