大分のリフォーム・増改築、塗装、防水、エクステリア・外構、耐震補強工事……自然素材を生かした空間づくり

有限会社 北斗建装

自然を生かした空間づくり  

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

大分市新春日 W様邸 外壁等塗装工事

2016年施工
施工前 施工後
施工前
施工後

 W様は以前のお勤め先で当社の評判をご存知で、過去に玄関収納の塗装、玄関屋根の板金補修、サッシの調整
などの工事をご依頼いただいておりました。今回、ご自宅の塗装を検討しているとのことで、当社にもお声をかけて下さいました。
 W様は、相見積もりを考えておられ、A社の塗装勉強会に参加したとのことです。しかしそこでA社に見積もりを依頼したところ、塗料別に数パターンの見積もり書を提出され、それらの工事の金額が非常に高額であることにびっくりしたとのことでした。

----OBSラジオ Vol.7 より------
塗料別の見積書は全く信用できません。この塗料別見積もりというのは、一見お客様に選択肢があり、親切なように見えます。しかし、塗装に使用する塗料とは、どの建材に塗るかによって決まります。適材適所で、この建材には、この塗料がベスト…と自ずと決まってくるものです。不完全な説明でお客様に選択させるのは、単なる業者の責任逃れでしかないのでは、と感じてしまいます。

 これは毎週木曜日12時30分からOBSラジオで放送されている『住まいのお悩み相談室』の第7回目の放送でもお話していることです。住宅塗装とは、建築と化学の専門分野なのですが、実際はプロの業者でも塗料の選択を間違っていることが多いのが現状です。ましてアマチュアである消費者に(ある程度の説明をするとしても)塗料の選択をさせるなど、専門家としてするべきではないというのが当社の考えです。塗装で一番大事で重要なのが塗料の選択であり、その選択を間違って施工した場合、塗料不適合などで建物自体を致命的に傷めてしまうことにもなりかねません。
 我々は塗装のご相談をいただいた場合まず現地調査を行います。調査では使用されている建材、その建材の劣化の状況、新築から現時点までにどのようなメンテナンスをされてきたか、そのメンテナンスは正しかったか(建物にどのような影響を与えているか)、そして立地条件などから今後起こりうる劣化から建物をどう守るか…などを総合的に判断します。その調査結果をもとにして、数百種類以上の住宅用塗料からその住宅に合った塗料と最適な塗装方法を選択する、というのが我々プロにまかせられた重要な仕事であると考えています。

 W様宅は築30年以上の建物で、屋根は陶器瓦、外壁はモルタルの住宅でした。その後、当社の見積もり説明では次の点について説明致しました。
(1)ひび割れやモルタルに浮きが生じている部分の補修方法、モルタル壁に適した下塗り塗料、上塗り塗料の選択について
(2)よくある塗料別の数パターンの見積もりは信用できないことと、他社の不適切な塗料選択について

 W様は、更にもう1社見積もりを取られたそうですが、しっかりと検討された後、当社に工事のご発注を下さいました。

施工前
施工前 施工前
施工後
施工後

施工後

◆小庇
施工前   施工後
施工前 施工後
▲モルタルが傷んでおり、モルタル補修をした後に塗装しました。
◆瓦棒
施工前   施工後
施工前 施工後
◆玄関

 玄関の天井板は化粧ベニヤであり、雨漏りにより傷んだ状態でした。屋根の板金を取り換え、天井板を無垢板に張り替えた後、木部用塗料で塗装しました。

施工前
施工前 施工前
施工後
施工後

施工後

◆塀の裏側

 裏側のコンクリートブロックで以前は塗装されていない部分がありましたが、塗装することで見栄えが大変よくなりました。

施工前   施工後
施工前 施工後

 工事が終わったのち、W様から「白鷺城(姫路城)になりましたね。すごくきれいになりました。」とお褒めの言葉をいただきました。また、工事に大変満足され「是非、新聞広告やチラシに使ってください。」「知人へも是非紹介しますね」というありがたい言葉もいただきました。

◆担当プランナー◆三重野

◆担当工務◆佐藤
三重野 佐藤

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

 トップページへ戻る前へ戻る