大分のリフォーム・増改築、塗装、防水、エクステリア・外構、耐震補強工事……自然素材を生かした空間づくり

有限会社 北斗建装

自然を生かした空間づくり  

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

大分市敷戸台 Y様邸 屋根・外壁等全面塗装工事、外構リフォーム工事

2017年施工
施工前 施工後
施工前
大分市 Y様邸 全面塗装工事

 2016年に室内のリフォーム工事のご相談をいただいたY様から、門扉とフェンスの交換といった外構のリフォーム工事のご相談をいただきました。外構工事のご提案をしていく中で、屋根・外壁の塗装のご相談もいただき、その両方をご発注いただきました。工事は、塗装工事の後に外構工事を行いました。

 Y様のお宅は30年前にP社で新築されており、屋根はスレート瓦、外壁はサイディングボードの造りでした。
 10年以上前に1度塗装されており、外壁のサイディングボードには、石調もどきの塗装(本来の石調塗装ではない)が施されていましたが、経年劣化によるひび割れが生じておりました。
 石調もどきの塗装の塗膜に、今後もひびが生じていく可能性が高いと判断致しました。サイディング用塗料は塗膜が薄く弾力性がないため、石調もどきの塗装の塗膜が割れれば、サイディング用塗料の塗膜も割れてしまいます。そこで、通常はモルタル壁やコンクリート壁に使用する弾性塗料を施工することをご提案致しました。
 弾性塗料は下地にひびが生じても塗膜が伸びることで、そのひびを表面化させないという特徴をもちます。

◆屋根・外壁等全面塗装工事
★当社提案カラーシミュレーション★
カラーシミュレーション カラーシミュレーション カラーシミュレーション
    ▲決定案
施工前   施工後
施工前 施工後
◆屋根塗装工事
施工前
施工前 施工前
施工後
施工後 施工後
◆その他の塗装
施工前
施工前
施工後
施工後 施工後
◆外構リフォーム工事

 門扉とフェンスは新築時から取り替えておらず、かなり傷みが生じておりました。特にフェンスが木製であったことからぐらつきも生じ、道路側に傾いており、早急に取り替えが必要な状態でした。
 ご要望をお聞きしたところ下記のご希望があげられました。
@門扉を交換したい。
Aフェンスを腐らないものに交換したい。
B小型犬を飼っており、現在使っている駐車場の伸縮門扉は骨組みの目が粗く、庭で遊ばせた際に門扉の隙間からすり抜けてしまう。そこで、目が細かいタイプですり抜けにくいものに交換したい。

 現地調査の結果、上記に加えて次の提案をし、見積もりプランに加えていただきました。
(A)玄関アプローチに使用されているタイルが、雨で濡れた際に非常に滑りやすいものでした。事故を防ぐため、滑りにくいタイルを貼ることをお勧め致しました。また、特に道路側のステップのタイルは割れている部分が多く、見栄えが悪くなっていることもお伝え致しました。せっかく門塀やフェンスがきれいで素敵になったとしても、タイルが既存のままですと、その効果が半減してしまいます。
(B)門塀がきれいになるため、表札もよりデザイン性の高いものへお取替えすることをお勧め致しました。
(C)回覧板がスッポリと入るポストへのお取替えをお勧め致しました。

★外構パース・初回プラン★
外構バース 外構バース 外構バース
 半目隠しのフェンスによるものを提案しましたが、圧迫感があることと、予算に合わないことから見直しを行いました。
 
★外構パース・決定プラン★
外構バース 外構バース 外構バース
 フェンスをアイアンのフェンスにし、やわらかいデザインに変更致しました。これで圧迫感がなくなり、更に予算も初回に比べて抑えることができました。検討を重ねた結果、伸縮門扉は見合わせることとなり、それ以外の工事のご発注をいただきました。
◆全景
施工前
施工前 施工前
施工中
施工中 施工中
施工後
施工後 施工後
◆門廻り
施工前
施工前 施工前
施工後
施工後 施工後
 
◆担当プランナー◆三重野 ◆担当プランナー◆辻
三重野 辻

◆担当工務◆原田

◆担当工務◆大崎
原田 大崎
  1級建築塗装技能士

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

 トップページへ戻る前へ戻る