自然を生かした空間づくり
有限会社 北斗建装

 豊後大野市緒方町 I様邸 外壁等塗装工事

2014年施工
施工前 施工後
施工前
施工後

 I様が当社大分本店(にじが丘ショールーム)にお越し下さいました。ご自宅の塗装についてのご相談で、シーリングの劣化や外壁の色褪せが気になるとのことでした。

 早速、現地調査に伺いました。I様のご自宅はEホームで建てられた築15年程の、壁は窯業系のサイディング、屋根は石綿スレート(通称コロニアル・カラーベスト)で最近の日本の住宅の典型ともいうべき建物でした。
 サイディングは比熱が低いため、昼夜の温度差による内部結露が起こるのはもちろんのことですが、その結果経年とともに外壁に反りが生じてきます。当社が手がけたEホームは他の住宅に比べて外壁に反りが出始めるのが早いと言う印象でしたが、I様のお宅は程度の良い方でした。ただ、若干の反りが出はじめており目地の状態から見てもそろそろ塗り頃かなという状態でした。
  屋根は二年ほど前に他の業者さんで塗装されたとのことでしたが、その業者さんからは外壁塗装の提案や説明はなかった為、行わなかったそうです。
 屋根を塗装する、または外壁を塗装する際どちらにしても全面に足場を組みます。当然それにも費用がかかるわけですから、劣化が見受けられるなら塗装スパンを合わせる意味でも屋根・壁を同時に塗装するほうが賢明なのですが、業者さんからそのような話はなかったとのことでした。

 今回のI様のご依頼は外壁のみ塗装希望とのことで、外壁だけでは少しもったいない気はしましたが外壁の反り、チョーキングや目地の劣化など随所に見て取れたためUVカット機能にすぐれたサイディング専用塗料にて施工致しました。

◆目地
施工前   施工後
施工前 施工後
施工前   施工後
施工前 施工後
▲目地もしっかり塗膜をかけ保護していきます。
◆樋・軒天
施工前   施工後
施工前 施工後
    ▲樋、軒天等も綺麗に仕上がりました!

◆担当工務◆篠田
篠田

2級建築士
宅地建物取引士
1級建築塗装技能士

 

トップページへ戻る前へ戻る