大分のリフォーム・増改築、塗装、防水、エクステリア・外構、耐震補強工事……自然素材を生かした空間づくり

有限会社 北斗建装

自然を生かした空間づくり  

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

大分市藤の台 K様邸 屋根・外壁等全面塗装工事

2015年施工
施工前 施工後
施工前
施工後

 K様のご自宅のお隣のO様よりご紹介いただき、O様のご自宅と共に塗装のご相談をいただきました。当社代表の小原とプランナーの山浮ナ現地調査にお伺いしました。ご自宅がお隣同士ということもあり現地調査並びにお見積もりの説明は同時に行わせていただきました。
 K様のご自宅は地元工務店のS社で建てられており、築15年程で屋根は石綿スレート瓦、外壁は窯業系サイディングの住宅でした。外壁は紫外線などにより、かなり褪色しており、チョーキング(白化現象)が著しい状態でした。反りはさほど出ていませんでしたが、所々にひび割れも見受けられました。築年数が経ち、住宅の劣化が見え始めてきたころから訪問販売業者がよく来るようになり、煩わしく感じていたそうです。

 劣化した部材や状況に合わせた施工をしっかりと行い、それを目に見える形で説明出来る業者は、星の数ほどある工務店やメーカーの中でもほんの一握りしかいません。石綿スレートにはどのような塗装を施すべきなのか、窯業系サイディングにはどんな弊害があるのか、その上でどのようにメンテナンスするべきなのか。建材ひとつ、施工ひとつにしても検証は必ず必要になってきます。素人だからわからないと思考停止するのではなく、普通に考えてみればおかしなことは大体見えてくるものです。世間では『何にでも塗れる塗料』や、『下塗り不要の塗料』などが近年出回っていますが、昔『塗装不要で永久に保つ』として売られ始めたサイディングや乾式洋瓦などと同じで、根拠もなくただ、売りたいだけで実際にその建材、塗料を使ったことにより施工されたお客様の住宅が何年後にどうなっていくのかなど考えもしない業者ばかりです。これは訪問販売業者に限ったことではありません。業界全体の問題です。疑問に思う、比較していくことが大事なことだと当社は考えます。

  当社では定期的に『塗装勉強会』を開いております。正しい塗装方法や見積書の読み方をはじめ、建築業界の現状など、一般の消費者の方に少しでも正しい知識を持ってもらうためのものになっています。リフォーム、塗装をお考えの際、疑問や業者の見積もりがおかしいと感じたら、是非当社にご相談ください。
 K様には当社の考え方、施工方法などをしっかりとご説明し、充分ご納得下さった上でご発注いただきました。大変ありがとうございました。

◆屋根
施工前   高圧洗浄後
施工前 高圧洗浄後
施工後
施工後
施工前   施工後
施工前 施工後
◆壁
施工前   施工後
施工前 施工後
施工前   施工後
施工前 施工後
    ▲樋、配管などの部材もしっかり塗装致しました。
施工後
施工後 施工後
▲小庇、フードなど塗らない(塗れない)業者も多いようですが、正しい施工をすれば塗れます。こんなに綺麗になります。
◆担当工務◆佐藤
佐藤


TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

 トップページへ戻る前へ戻る