大分のリフォーム・増改築、塗装、防水、エクステリア・外構、耐震補強工事……自然素材を生かした空間づくり

有限会社 北斗建装

自然を生かした空間づくり  

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

日出町豊岡 K様邸 屋根・外壁等全面塗装工事

2015年施工
施工前 施工後
施工前
施工後

 K様が当社にじが丘本店にお電話を下さいました。当社がK様のご近所のお宅で施工を始める際、近隣の方々へご挨拶に廻らせていただいたのがきっかけで「きちんとした会社だなぁ」と思いご連絡を下さったとの事でした。早速当社代表の小原とプランナーの山浮ナ現地調査に伺いました。

 K様のお宅は屋根はセメント瓦で外壁はモルタル壁にボンタイルを吹き付けていました。以前、訪問販売系の業者で外壁を塗装されたそうですが、その際に「防水性能のある塗料です」と説明を受けられたそうです。実際のところは防水性能はほとんどありません。
 一般的に業者が新築の際にモルタル壁に塗る塗料は、リシンかスキン、又はアクリル吹付タイルにトップコートのわずか3種類がほとんどです。何十種類(見方によっては数百種類)もある壁用塗料の中で、防水性、ひび割れ追随性、耐久性のないこれらの塗料が「安い」という理由だけで使われています。本来はモルタルには、ヒビ割れに追従し、ヒビを表面化させない弾性塗料を新築時に塗れば半永久的といって良いほど持ちがよい壁材で、サイディングなどに比べても、モルタルは人の生活に適した建材なのです。しかし利益やコスト、手間といった理由から、現在、新築される住宅の9割以上がサイディングになってきています。訪問販売系の業者は勿論ですが、大手ハウスメーカーでも利益追求、消費者の立場に立たない、その施工した住宅が何年後、何十年後にどうなるのか考えもしないという業者がほとんどです。
 基本的な事もわからず、塗装や葺き替えを勧める業者(特に訪問販売業者に多い)は、当たり前の事さえも理解しないままお客様に提案し、施工しています。結果、数年も経たないうちに再び雨漏りが始まったり、本来、お客様にとって不要な出費に繋がっています。施工に関しても素人だから分からないではなく、普通に考えてみると分かることが意外と多いのです。

◆屋根
施工前   施工後
施工前 施工後
施工後
施工後 施工後

 屋根は洗浄、下地処理、専用の下塗りの後、ウレタン系塗料で仕上げしました。写真では分かりにくいのですが日光に当たると様々なラメ色が出る塗料で大変綺麗に仕上がりました。

◆玄関軒天
施工前   施工後
施工前 施工後

 玄関木部は軒天が破損していた為、木の貼り直しと塗装を行いました。

◆玄関木部
施工前   施工後
施工前 施工後

 木部には木の呼吸を妨げず紫外線から木材を保護出来る塗料で施工いたしました。

◆軒天
施工前   施工後
施工前 施工後
◆面格子
施工前   施工後
施工前 施工後

 アルミは塗れないと言う業者も多いようですが、きちんとした下塗りを選択すればとても綺麗に仕上がります。錆びないというイメージが先行していますがアルミは錆びます。「孔食」といい巣穴のような白いぶつぶつが生じます。K様のお宅の玄関ドアや面格子にも多数見受けられましたが、とても綺麗になりました。

◆担当工務◆磯崎
篠田
一級建築塗装技能士
二級建築施工管理技士


TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

 トップページへ戻る前へ戻る