大分のリフォーム・増改築、塗装、防水、エクステリア・外構、耐震補強工事……自然素材を生かした空間づくり

有限会社 北斗建装

自然を生かした空間づくり  

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

大分県大分市 W様邸 屋根葺替え工事、外壁等塗装工事、内部改修工事

2020年施工

 以前から度々ご自宅の工事をさせていただいていたW様より、空き家になっているご実家をリフォームして引越したいとのご相談をいただきました。
 ご実家は1970年に地元の業者で建てられており、屋根がS型瓦と呼ばれるタイプのセメント瓦、外壁がモルタルにリシンを吹き付けた仕上げでした。屋根は雨漏りしており、下地まで傷んでいました。S型瓦は屋根勾配がなくても葺けるという間違った情報で普及してしまい、多くの雨漏り被害を出してしまった瓦です。
  W様邸も屋根勾配が小さいため陶器瓦が葺けないなど施工の選択肢に限りがありました。普段はお勧めしませんが、今回はガルバリウム鋼板をご提案致しました。ガルバリウム鋼板は比熱が低く結露しやすいため、天井裏を24時間換気できるようにして対策することにしました。なお、屋根に鉄板を使うリスクをきちんとご説明し、充分にご納得いただきました。
 屋根の葺き替えの他、外壁塗装、内部改修の工事をご発注いただきました。内装には健康に害を及ぼす有機溶剤を避けるため、自然素材を多く使いました。特に一日のうちの長い時間を過ごす1階の床には木、壁には漆喰(※)を採用しました。

※当社が住環境の内装材において最も重要であると考えているのは調湿性であり、また、化学物質を極力使わないということも大変重要です。
 漆喰は日本古来の伝統的な建築材料で、その主成分である消石灰(水酸化カルシウム)がもつ強アルカリ性により、抗菌・抗ウイルス・消臭や調湿などの優れた機能があります。漆喰塗料を使った新型コロナウイルスに対する不活化実証試験では、接触5分で99.9%以上の不活化効果が認められるなど、漆喰のもつ強アルカリ性という性質が感染症対策に効果があることが期待されています。
 今回採用したのは高千穂シラスの『白洲漆喰』です。『白洲漆喰』とは、火山噴出物であるマグマ生まれの特殊な土『シラス』と伝統の素材『漆喰』の特性を兼ね備えた100%自然素材の塗り壁で、高い調湿性能と耐火性を持ちます。当社では、実際に高千穂シラスの九州工場を視察させていただいています。

◆屋根、外壁

 外壁はひび割れを処置したのち、ひび割れに追従できる弾性塗料で塗装しました。

施工前
施工前 施工前
施工前 施工前
施工後
施工後 施工後
施工後
◆玄関
施工前
施工前 施工前
施工前
施工後
施工後 施工後
◆キッチン

 水廻りの収納を増やしました。

施工前
施工前 施工前
施工前
施工後
施工後 施工後
施工後 施工後
→乾太くんを設置しました。
◆浴室、脱衣室
施工前
施工前
施工後
施工後  施工後
施工後
施工後
◆お部屋
施工前
施工前 施工前
施工後
施工後 施工後
施工後
施工前
施工前 施工前
施工前 施工前
施工後
施工後 施工後
◆階段、廊下
施工前
施工前 施工前
施工後
施工後 施工後
◆担当プランナー◆野上 ◆担当工務◆長岡
野上 長岡
 

1級建築塗装技能士
2級建築施工管理技士


TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

 トップページへ戻る前へ戻る