大分のリフォーム・増改築、塗装、防水、エクステリア・外構、耐震補強工事……自然素材を生かした空間づくり

有限会社 北斗建装

自然を生かした空間づくり  

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

大分県大分市 G様邸 屋根・外壁等全面塗装工事
バルコニー改修・防水工事

2020年施工
施工前 施工後
施工前
施工後

 2016年にお庭の改修工事をいただいたG様からご相談をいただきました。バルコニーの床に不具合があるとのことで、後日、プランナーの三重野が現地調査に伺いました。

 G様宅は1994年に地元工務店で建てられ、屋根は乾式洋瓦、外壁はALC(軽量気泡コンクリート)の造りでした。 9年くらい前にS社で屋根と外壁等の全面塗装工事をされたとのことでした。バルコニーはFRP防水で施工されていました。状態を見てみると、FRPを保護する塗膜は劣化し、FRPが透けて見える状態になっておりました。問題となっている箇所は、FRPに亀裂が入っており、そこから雨水が浸入しておりました。

施工前
施工前 施工前 施工前

 その結果、FRPの下地である合板が水を吸うことで、合板が劣化し合板の強度が低くなり、靴で踏むとふわふわとした状態となっておりました。9年くらい前の塗装工事でFRPを保護するための工事がなされていなかったため、保護塗膜が劣化し、FRPが透ける状態になっておりました。(当社では、保護のために4層からなる塗膜防水を施工します)
 保護塗膜がなくなり、FRPが直接紫外線をあびたことで、ひび割れが生じたものと思われます。
 G様には、FRPの下地である合板を剥がし、新しい合板に置き換えたのちに、再度FRP防水を施工することをご説明しました。

 また、9年くらい前の塗装にも関わらず、すでに外壁等の塗膜はチョーキング(白亜化)しており、触ると指に白い粉が付く状態でした。一般的に施工後9年で屋根、外壁などを塗装するのは早いですが、劣化が著しいため、屋根、外壁等の全面塗装をご提案致しました。
 当社の提案にご納得頂き、バルコニー防水の改修と屋根、外壁等の塗装工事をご発注いただきました。

◆バルコニー防水
施工中
施工中
▲歩行する部分のFRPとその下地合板を撤去した後に、新しい合板を張りました。
施工後
施工後 施工後
◆屋根・外壁等全面塗装工事
施工前
施工前 施工前
施工後
施工後 施工後
施工後 施工後
施工後
施工前   施工後
施工前 施工後

◆担当プランナー◆三重野 ◆担当工務◆上原 ◆担当工務◆長岡
三重野 上原 長岡
  工務部部長(2級建築士)

1級建築塗装技能士
2級建築施工管理技士


TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

 トップページへ戻る前へ戻る