大分のリフォーム・増改築、塗装、防水、エクステリア・外構、耐震補強工事……自然素材を生かした空間づくり

有限会社 北斗建装

自然を生かした空間づくり  

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

大分県臼杵市 S様邸 屋根・外壁等全面塗装工事
ベランダ外壁張替え工事、
竿掛け取付け工事、
網戸取替え工事、浴室水栓取替え工事


2021年施工
施工前 施工後
施工前
施工後

 S様よりご自宅の塗装工事についてご相談をいただき、現地調査に伺いました。

 S様邸は1993年にA社で建てられたお家で、屋根は石綿スレート、外壁は窯業系サイディングでした。以前に一度A社で塗装したとのことでした。

 現地調査時にお家全体を確認していると、南側2階ベランダの外壁が特に傷みが激しいことが分かりました。横から見てみると、屋根の軒先よりもベランダが外側に出ているため通常の降雨でも雨水があたる状態でした。そのため、サイディング目地から水を吸い込んで裏側から膨張して破損しており、その上からシリコンを打っていました。

 また、ベランダにあがってみると、排水溝が建物側に設置されていたので、雨漏りの可能性があるだろうと推測されました。雨漏りの有無を伺ったところ、以前ベランダから下のお部屋に雨漏りがしていたとのことで、A社で修繕をされたとのことでした。

 サイディングは比熱が低く内部結露を引き起こすことや、継ぎ目ができることで定期的な塗装工事が必要になることをお伝えしていますが、住宅を長持ちさせてメンテナンスのスパンをできる限り延ばすためには、まずは雨水にあたらないようにすることがとても重要です。

 S様には、破損したサイディングを塗装工事では復旧することができないことをお伝えしました。普段ベランダをとても活用されていましたので、ベランダを取り壊すことはせずにベランダ全体の外壁を張替えた後に、その上から塗装で保護をする工事をご提案しました。
 塗装工事はただ塗料を塗る工事ではなく、取り合い部分を守った上、さらにその上から塗膜で保護することが目的で、そのためにとても大切な工事です。

 ベランダには手すりやその下には笠木と呼ばれるアルミ建材がある場合が多く、こういった外壁ではない部分もできれば同時に塗装による保護をすることが必要です。お見積もり説明ではS様にも以上の点をお伝えしました。その後お返事をいただき着工となりました。

 また、塗装工事だけではなく、網戸の張替えや、ベランダで洗濯物がもっと干しやすくなるようにと新しく竿掛けセットも取り付けました。室内の浴室水栓の水漏れもあるとのことで新しい商品へと取替えました。

施工前   施工後
施工前 施工後
施工前
施工前 施工前
施工後
施工後 施工後
施工前   施工後
施工前 施工後
施工前
施工前 施工前
施工中   施工中
施工中 施工中
施工後
施工後 施工後
施工前   施工後
施工前 施工後
施工前   施工後
施工前 施工後

 工事後には仕上がりをご覧になって、とてもきれいに仕上がって良かったとの感想をいただきました。

 当社では、できる限り何度も塗り替えが必要ないようにと、塗料の選択や、施工内容について日々研究をしていますが、すぐに劣化が始まるような施工が少しでも減るとそれが結果的にお客様のためになるのではないかと思います。
 塗装業者によっては塗料をランク別で、お客様に選択させる業者がいますが、注意が必要です。なぜなら塗装に使う塗料は、住宅の建材や劣化状況、以前の塗装工事が正しかったかどうか(不良工事ではなかったか)など、住宅の状態によって自ずと決まってくるものです。塗料の選択ができるのは、経験と知識のあるプロだけであり、消費者にそのような選択をさせる業者は塗装工事の基本的な知識が欠落しているといっても言い過ぎではありません。塗料のランク別見積もりは、全くの別物の塗料を見積もり書に並べている乱暴なものです。
 当社では定期的にこういった業界の実態や住宅を守るために必要な知識などをお伝えする勉強会や相談会も開催しております。参加やご相談は無料ですので、いつでもお気軽にお越し下さい。

◆担当プランナー◆野上

◆塗装担当◆岩前
東本 岩前
  2級建築塗装技能士

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

 トップページへ戻る前へ戻る