大分のリフォーム・増改築、塗装、防水、エクステリア・外構、耐震補強工事……自然素材を生かした空間づくり

有限会社 北斗建装

自然を生かした空間づくり  

TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

別府市火売 O様邸 屋根・外壁等全面塗装工事

2017年施工
施工前   施工後
施工前 施工後

 O様より、当社大分本店(にじが丘ショールーム)にお電話をいただきました。屋根の塗装について相談したいとのご依頼でしたので、早速プランナーの江守が現地調査に伺いました。
 O様のご自宅は大手ハウスメーカーS社が建てたもので、築38年とのことでした。屋根は元々がコロニアル(スレート屋根)で、その上にガルバニウム鋼板の屋根材が載せられている状態でした。15年程前に一度増築をした際、合わせて屋根のメンテナンスとして勧められ、カバー工法()を施工したそうです。

※カバー工法とは、屋根の勾配が緩く傷みが目立つスレート屋根のお家を狙って、訪問販売業者の営業マンが飛び込みで訪問して勧めてくることが多い工法です。大手ハウスメーカーでも手軽で有効なメンテナンス方法として施工することが多々ありました。しかし、十分な検証がされていないままに「メンテナンス不要」「手軽で安く屋根をリフォームできる」というふれこみで広まってしまったのですが、その後トラブルが続発しています。屋根を保護するどころか逆効果という工法で、当社では発売当初から疑問を持ち、OBSラジオの『住まいのお悩み相談室』でもたびたびご相談をいただきますが、警鐘を鳴らし続けております。

 外壁はアルミサイディングには適していないボンタイル(アクリル吹き付けタイルの商品名)を吹付けたもので、当時のS社の新築によく見られます。結果的に運良く付着しているといった状況で、いずれポロポロと剥げ落ちてしまう恐れがあるため、屋根に加えて外壁の塗装もご提案させていただきました。
 また、増築部分の取り合いについてのご相談もいただきました。以前一度取り合い部分から雨漏りをしたが今は出ていないとのことでしたので、現状を確認した後、きちんと取り合い部分を塗装することで今後も引き続き経過をみていただく形といたしました。
 母屋と増築部分、それぞれの建材に適した塗料にてお見積もりを作成しご説明いたしましたところ、内容にご納得下さり、工事のご依頼をいただきました。

施工前   施工後
施工前 施工後
◆ガルバリウム鋼板の塗装
施工前   施工後
施工前 施工後
◆小庇の塗装
施工前   施工後
施工前 施工後
◆増築部のカラークリアー塗装

 増築部分はレンガ風タイル調の意匠性サイディングでしたので、カラークリア塗装を施しました。カラークリア塗装とは、若干の着色をした半透明の塗装で、サイディングの元々の風合いを残しつつ、かつ綺麗にすることができます。

施工前   施工後
施工前 施工後
◆増築部の板金部の塗装
施工前
施工前
施工後
施工後 施工後

◆担当プランナー◆江守 ◆担当工務◆篠田

江守

篠田
 

2級建築士
宅地建物取引士
1級建築塗装技能士


TOP | 施工例 | 選りすぐり施工例 | 当社の考え | 社員紹介 | Q&A | アクセス | 採用情報 

 トップページへ戻る前へ戻る